ドイツ大好き。オルガン大好き。


by fu-ga_907
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:その他( 14 )

また会う日まで

e0028897_14422158.jpg


大切な友達が、この地上を離れ、

神様のところに帰ってしまいました。

それは、あまりに突然で、とてもつらい出来事でした。

彼女と出かけたポツダム。

あの秋は「黄金の秋」といわれる、美しい秋でした。

秋色のポツダム、きれいでした。

e0028897_144618100.jpg


彼女の住んでいたフィンランド。

e0028897_1448359.jpg


凛とした冷たい空気に、身も心も引き締まりました。

彼女と出かけた、大聖堂の礼拝。

聖餐式のパンが美味しかった・・・

彼女の温かいもてなしは、本当にうれしかった。

お互い、日本に帰って、家族でいっぱい遊ぼうと思っていたのに。

なぜ、彼女がこんなに早く、神様のところに帰らなくてはならなかったのか。

いつまでもいつまでも、「なぜ」と神様に問うことをやめることができません。

彼女が天国において永遠の安らぎの中にありますように。

そして、地上のご家族の上に、

神様の慰めと御守りがありますように。

いつの日か、神様のの下でまたお会いしましょう。

その日まで、しばらくのお別れです。

e0028897_1455894.jpg

[PR]
by fu-ga_907 | 2007-03-24 14:55 | その他

2カ月過ぎて

ずっと更新していませんね・・・・

日本に帰って2ヶ月が過ぎようとしています。

もうすっかり日本の生活に馴染んでしまいました。

でも、時々心はドイツに飛んでいきます。


今、日常が忙しくて

なかなか自分の考えをまとめられないでいます。

何から手をつけたらいいのやら。

今は、雑用の合間に

オルガンの練習をしています。
[PR]
by fu-ga_907 | 2007-03-01 08:06 | その他

帰国して

ご無沙汰しております。

帰国してもうすぐ3週間です。

3週間前はベルリンにいたことが不思議に思えます。

日本に帰ったらあれをしよう、これをしよう、あれを食べよう、これを食べようと、

いろいろ考えていました。

実際帰ってきて、

そういうことをしてみたのですが、

思ったほど感動しないのです。

なんか普通・・・・・

むしろ、「ラクレット」のチーズが高価なことにショックを受け、

窓から見えるものが、緑ではなく、

電線とビルにがっかりし(わかっていたことですが)

街のうるささにうんざりしている私。

日本での生活も楽しいですよ、もちろん。

でも今はまだベルリンでの生活が恋しく思えます。

ベルリンにいたときは、全身で呼吸をしていました(笑)

「あ~ここに住んでいて幸せだな~」って。

今は、普通に鼻と口で呼吸しています。

またいつか、全身で呼吸をしにいきたいなあ~

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

今自宅でネットが出来ません。

ネットが出来るようになるまで、コメント不可とさせていただきます。
[PR]
by fu-ga_907 | 2007-01-20 02:17 | その他
あけましておめでとうございます

1月1日、家族全員元気に帰国いたしました。

1年5ヶ月のベルリン滞在の間、いろんなところに出かけ、

たくさんの人と出会い、

たくさんの思い出を作ることが出来ました。

1年5ヶ月という限られた期間、

やりたいことがたくさんありすぎて、

まさに「駆け抜けた」1年5ヶ月でした。

自分としてはまだまだやり残したことがいっぱいですが、

このベルリン滞在で得た経験を、今後に生かしていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by fu-ga_907 | 2007-01-07 22:46 | その他

Alles Gute!

ドイツでは長いお別れの際

「Alles Gute!」と言います。

普通は、夏休みとか冬休みなどであえなくなるときに使うみたいです。

今、私はこの挨拶の言葉をよく口にします。

長期休みなどの前の挨拶ならば、休み明けに会えますが、

私の場合は、ほぼ「二度と会えない」挨拶です。

1年4ヶ月の滞在で、たくさんの人と出会いました。

日本人がやはり多かったのですが、

何人かのドイツの人たち(ドイツ人じゃない人もいるから)との出会いがありました。

片言のドイツ語でなんとかコミュニケーションをとりながらのお付き合いでしたが、

私にとってはとても大切な人たちでした。

その人たちに今度はいつ会えるでしょう?

もう2度と会えない人のほうが多いでしょうね。

なので「Alles Gute」と言うとき、とても寂しいです。

しかし、出会いがあるから別れがあるのは仕方がないこと。

この出会いを神様に感謝して行こうと思います。
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-12-22 16:50 | その他

帰国まで・・・

帰国まであと1ヶ月となりました。

この季節、いっぱい記事を書きたいのですが、

どうもその時間はなさそうです。

時間があれば、更新しますが、

あとは、帰国後落ち着いてから

「ベルリンの思い出」

という感じで更新したいと思います。

Yahooのほうは写真だけでもUPしていけたらいいなあと思っています。

fu-ga
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-12-01 17:10 | その他

死者の日

今日は、カトリックの暦では

「死者の日」

といいます。

なんだか恐ろしい日のようですが、日本で言うお盆です。
カトリックは11月1日に「諸聖人の祝日」を祝い、2日に「死者の日」を迎えます。
キリスト教の暦では11月は教会暦の一番最後の月、1年の終りとなります。
カトリックは2日ですが、プロテスタントは教会暦の一番最後の日曜日(つまり、待降節に入る1週間前)を「死の日曜日」、または「永遠の日曜日」といいます。

どちらの教派でも11月は私たちより先に神様のところに帰った人たちを偲ぶ月なのです。
日本と同じように、みなさん、お墓参りをするようです。
お花屋さんの店先には、お墓に備えるお花が並んでいます。

e0028897_17115511.jpg


死者を思う気持ちは、日本もドイツも変わらないんだなあ・・・と思う季節です。
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-11-02 17:19 | その他

Schoeneswochenendekarte

このタイトルは、DB(ドイツ鉄道)のお得な切符の名前です。

週末の土日、30ユーロで大人5人まで、

普通列車(RB RE)のみ1日乗り放題。

我家は大人二人ですが、

Bahnカード(これを買うと切符が割引になるもの)が切れたので、

このSchoeneswochenendekarte を利用するとかなりお得!

そこで、この切符を利用し、

週末日帰り旅行を楽しんでいます!

今日も行って来ました~

そのことは今から少しご紹介します。
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-10-16 05:56 | その他

旅日記のブログです

皆さんにご紹介できていない旅行記がいっぱいあります。
メインサイトには詳しい旅行記を作っているところですが、
なかなかそれも追いつけません。

そこで、旅行記だけのブログを「Yahoo」のほうに作りました。

「Ceciliaのたびにっき」
簡単な旅行記と写真のブログです。

もしよろしければ、そちらもご覧ください。

fu-ga@管理人
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-10-03 01:54 | その他
WM,終わってしまいました。
本当に楽しい一ヶ月でした。
この時期にドイツにいることができて本当に良かったです。

前回も開催地に住んでいたはずですが・・・・(しかも、某国もキャンプをし、試合もあったのに)
次男が生まれてすぐで、それど頃じゃなかったのです。
今回は、本当に楽しかった!

土曜日の3位決定戦。
私たちはReichstag前のアディダスのパブリック・ヴューイングで観戦しました。

e0028897_3465024.jpg


ドイツ人に囲まれての応援。
楽しかったです。
ドイツが勝って本当に良かった~~
本当に、本当に胸がいっぱいになりました。
自分的には優勝した気分です。

パブリック・ビューイング、なかなか良かったです。
テレビで観戦することには変わりないのですが、
たくさんの人と一緒に喜んだり、残念がったり。
まるで会場にいるかのようです。

e0028897_3483760.jpg


テレビを見ているだけのはずなのに、臨場感たっぷり。
しかも、リプレイまで見ることができる!!!!!
実は、会場で見ていると、テレビで見ている癖で、
「あ、今のプレー、もう一度・・・」と再現を待ってしまう私です。
再現しないって・・・・

3位決定戦のとき、ドイツチームのゴールに狂喜して、
デジカメを落としました・・・・・
1日たって画像は取り出せましたが、撮影は(涙)
新しいデジカメを買うことになりました。

でもドイツが3位で(できれば優勝して欲しかったけれどね・・・・)良かった~~

e0028897_352295.jpg


カーン、良かったですね。本当に。
カーンの戦う姿も見ることができてよかった=
試合のあと、涙の後が見えたのは気のせいだったのでしょうか。
お疲れ様でした!
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-07-11 03:54 | その他