ドイツ大好き。オルガン大好き。


by fu-ga_907
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

また会う日まで

e0028897_14422158.jpg


大切な友達が、この地上を離れ、

神様のところに帰ってしまいました。

それは、あまりに突然で、とてもつらい出来事でした。

彼女と出かけたポツダム。

あの秋は「黄金の秋」といわれる、美しい秋でした。

秋色のポツダム、きれいでした。

e0028897_144618100.jpg


彼女の住んでいたフィンランド。

e0028897_1448359.jpg


凛とした冷たい空気に、身も心も引き締まりました。

彼女と出かけた、大聖堂の礼拝。

聖餐式のパンが美味しかった・・・

彼女の温かいもてなしは、本当にうれしかった。

お互い、日本に帰って、家族でいっぱい遊ぼうと思っていたのに。

なぜ、彼女がこんなに早く、神様のところに帰らなくてはならなかったのか。

いつまでもいつまでも、「なぜ」と神様に問うことをやめることができません。

彼女が天国において永遠の安らぎの中にありますように。

そして、地上のご家族の上に、

神様の慰めと御守りがありますように。

いつの日か、神様のの下でまたお会いしましょう。

その日まで、しばらくのお別れです。

e0028897_1455894.jpg

[PR]
# by fu-ga_907 | 2007-03-24 14:55 | その他
私の守護聖人、聖セシリアは、ローマの聖女です。

音楽の守護聖人です。

今回のローマ、ぜひとも聖セシリアに会いに行きたいと出かけました。

ローマの下町、トラステヴェレ地区。

観光ガイドにも載っていますが、

やはり「地元」って感じがします。

その一角に、「サンタ・チェチーリア・イン・トラステヴェレ」があります。

e0028897_16403354.jpg


ちょうど結婚式が行われていました。

e0028897_16413456.jpg


聖セシリアの亡くなったときの像です。(聖セシリアのお墓)

e0028897_1642265.jpg


この教会のオルガン・・・・

e0028897_16425326.jpg


アッピア街道にはカタコンベ(地下墓地)があります。

キリスト教徒迫害をのがれ、

人々は、地下深くにお墓を掘りました。

聖セシリアもはじめはこのカタコンベ(カリッソのカタコンベ)に葬られました。

e0028897_16442868.jpg


アッピア街道は、どこか懐かしく感じるところ。

もっとゆっくりしたかったなあ。
[PR]
# by fu-ga_907 | 2007-03-22 16:47 | お出かけ

ローマの休日?

昨年9月、イタリアに行ってきました。

ローマのアパートメントホテルに4泊。

キッチンも洗濯機も付いていて、広くて便利!

e0028897_18374624.jpg


コロッセオも歩いていけます(*^_^*)

e0028897_1838857.jpg


以前、ローマに来たときは、コロッセオがお休みで

外側しか見られなかったけれど、

今回は、中に入りました。

e0028897_18382771.jpg


「真実の口」も行きました。

初日はしまった後でしたが、

もう一度、主人抜きで(笑)

次男が「うしょつきだから、かまれる~~~」といって泣きました。
[PR]
# by fu-ga_907 | 2007-03-21 16:24 | お出かけ

早い春


e0028897_1954380.jpg

今年の冬は暖かいですね。

きっと桜の花も早く咲くことでしょう。

次男が生まれたときも3月がとても暖かく、

次男が生まれた日は、

桜が満開でした。

女の子だったら「さくら」という名前にしたかったなあ。

ベルリンも今年は暖かいようですね。

年末も暖かく、

クリスマス市ではグリューワインではなく、

ビールを飲む人が目に付きました。

「もう一度だけ、雪景色が見たい」

そう思っていました。

でも、あきらめていました。

すると・・・・・帰国前に雪が降りました。

あっという間に融けてしまいましたが、

最後にもう一度、雪景色を見ることが出来ました。

そのベルリンもクロッカスが咲いたとかなんとか・・・

ベルリンの春も早そうです。

e0028897_196335.jpg

[PR]
# by fu-ga_907 | 2007-03-01 19:06 | 季節

2カ月過ぎて

ずっと更新していませんね・・・・

日本に帰って2ヶ月が過ぎようとしています。

もうすっかり日本の生活に馴染んでしまいました。

でも、時々心はドイツに飛んでいきます。


今、日常が忙しくて

なかなか自分の考えをまとめられないでいます。

何から手をつけたらいいのやら。

今は、雑用の合間に

オルガンの練習をしています。
[PR]
# by fu-ga_907 | 2007-03-01 08:06 | その他

帰国して

ご無沙汰しております。

帰国してもうすぐ3週間です。

3週間前はベルリンにいたことが不思議に思えます。

日本に帰ったらあれをしよう、これをしよう、あれを食べよう、これを食べようと、

いろいろ考えていました。

実際帰ってきて、

そういうことをしてみたのですが、

思ったほど感動しないのです。

なんか普通・・・・・

むしろ、「ラクレット」のチーズが高価なことにショックを受け、

窓から見えるものが、緑ではなく、

電線とビルにがっかりし(わかっていたことですが)

街のうるささにうんざりしている私。

日本での生活も楽しいですよ、もちろん。

でも今はまだベルリンでの生活が恋しく思えます。

ベルリンにいたときは、全身で呼吸をしていました(笑)

「あ~ここに住んでいて幸せだな~」って。

今は、普通に鼻と口で呼吸しています。

またいつか、全身で呼吸をしにいきたいなあ~

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

今自宅でネットが出来ません。

ネットが出来るようになるまで、コメント不可とさせていただきます。
[PR]
# by fu-ga_907 | 2007-01-20 02:17 | その他
e0028897_4135364.jpg



<ドイツ>
ベルリン、ポツダム(数回)、ブランデンブルク(大聖堂とシュパーゲル畑)、ヴォルフスブルク、ニュルンベルク、バーデン・バーデン、ローテンブルク、バンベルク(2時間だけ)、デュッセルドルフ、ケルン、ドルトムント(サッカーの試合のみ)、ドレスデン、マイセン、ヴィスマール、シュプレーヴァルト、ライプツィヒ、ケーテン、ヴァイセンフェルス、ナウムブルク、アルテンブルク、ワイマール、エアフルト(2回)、オールドルフ、アルンシュタット、ドルンハイム、アイゼナハ、ミュールハウゼン、シュトラールズント、シュターデ、ハンブルク、ザイフェン。

<フランス>
ストラスブール、カイザースベルク、ニース、エズ、ヴァンス、エクス・アン・プロヴァンス、レ・ポー・ド・プロヴァンス、アヴィニヨン、アヌシー、シャモニー

<フィンランド>
ヘルシンキ、トゥルク、ロヴァニエミ

<スペイン>
カナリア諸島~グラン・カナリア~

<アイスランド>
レイキャビック、その他・・・

<スイス>
グリンデルワルト、トゥーン、ツェルマット、サース・フェー、ロカルノ、ルガノ、クール、マイエンフェルト、アローザ、チューリヒ、ジュネーブ

<イタリア>
ローマ、バチカン、アッシジ、ピサ

<ポーランド>
ワルシャワ、クラカウ(クラクフ)

<ギリシャ>
アテネ、オリンポス、ミケーネ、コリントス

<イギリス>
ロンドン

68都市(アイスランドの小さな街を除く)10カ国・・・

われながらよく出かけたものとあきれ・・感心します(*^_^*)
[PR]
# by fu-ga_907 | 2007-01-09 04:14 | お出かけ
あけましておめでとうございます

1月1日、家族全員元気に帰国いたしました。

1年5ヶ月のベルリン滞在の間、いろんなところに出かけ、

たくさんの人と出会い、

たくさんの思い出を作ることが出来ました。

1年5ヶ月という限られた期間、

やりたいことがたくさんありすぎて、

まさに「駆け抜けた」1年5ヶ月でした。

自分としてはまだまだやり残したことがいっぱいですが、

このベルリン滞在で得た経験を、今後に生かしていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
# by fu-ga_907 | 2007-01-07 22:46 | その他

Frohe Weihnacten!

e0028897_10493869.jpg


救い主のご降誕おめでとうございます。

皆さまの上に神様の豊かな御恵みと御守りがありますように。

****************

ただ今引越しの準備に追われています。
クリスマスのこと、たくさん書きたかったのですが・・・

季節外れになるかもしれませんが、
落ち着いたら記事を書いて行こうと思います。

fu-ga
[PR]
# by fu-ga_907 | 2006-12-27 11:00 | クリスマス

Alles Gute!

ドイツでは長いお別れの際

「Alles Gute!」と言います。

普通は、夏休みとか冬休みなどであえなくなるときに使うみたいです。

今、私はこの挨拶の言葉をよく口にします。

長期休みなどの前の挨拶ならば、休み明けに会えますが、

私の場合は、ほぼ「二度と会えない」挨拶です。

1年4ヶ月の滞在で、たくさんの人と出会いました。

日本人がやはり多かったのですが、

何人かのドイツの人たち(ドイツ人じゃない人もいるから)との出会いがありました。

片言のドイツ語でなんとかコミュニケーションをとりながらのお付き合いでしたが、

私にとってはとても大切な人たちでした。

その人たちに今度はいつ会えるでしょう?

もう2度と会えない人のほうが多いでしょうね。

なので「Alles Gute」と言うとき、とても寂しいです。

しかし、出会いがあるから別れがあるのは仕方がないこと。

この出会いを神様に感謝して行こうと思います。
[PR]
# by fu-ga_907 | 2006-12-22 16:50 | その他