ドイツ大好き。オルガン大好き。


by fu-ga_907
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Schoeneswochenendekarte

このタイトルは、DB(ドイツ鉄道)のお得な切符の名前です。

週末の土日、30ユーロで大人5人まで、

普通列車(RB RE)のみ1日乗り放題。

我家は大人二人ですが、

Bahnカード(これを買うと切符が割引になるもの)が切れたので、

このSchoeneswochenendekarte を利用するとかなりお得!

そこで、この切符を利用し、

週末日帰り旅行を楽しんでいます!

今日も行って来ました~

そのことは今から少しご紹介します。
[PR]
# by fu-ga_907 | 2006-10-16 05:56 | その他

冷え込んできました

10月に入り、かなり冷え込み始めました。

朝も、夜も息が白く、今日などは日中もどんよりできりりと寒い。

ああ、また冬がやってきました。

街中は早々とクリスマス製品がウィンドウに並び始めました。

暗く寒いけれど、

わくわくする季節がまもなくやってきます。
[PR]
# by fu-ga_907 | 2006-10-15 05:33 | 日常

スーパーカトリック!

週末、お隣の国、ポーランドへ出かけてきました。
お隣とはいっても、観光地ワルシャワはかなり東のため、列車で5時間~6時間かかります。
私たちは朝6時50分ベルリン発の「ワルシャワエキスプレス」に乗ってでかけました。
国境で、「ポーランド入国」のスタンプを押してもらい、「満足」
列車は12時半頃ワルシャワ中央駅に到着しました。

この日は無名戦士の墓の衛兵交代見学。
ところが、何かの式典をやっていて時間がずれています。
子供たちは公園をみつけ、砂まみれで遊んでいます。
私だけ、「無名戦士の墓」にいき、衛兵交代を観てきました。
「無名戦士の墓」ってむかし、ベルリンにもあったはずです。
かつて訪れたときは、永遠の炎が燃えていて、衛兵がいました。
しかし、今は戦争で死んだ子供を抱いた母のモニュメントがあるだけ。
なぜ、こうなったのでしょうか。
そんなことを思いながら、衛兵交代式を観、公園で遊び続ける子供たちを主人に託し、
私は旧市街へと出かけました。

土曜日だったので夕方(と言うよりは夜)のミサに。
大聖堂のミサでした。
たくさんの人がミサに与りに来ています。
実は、大聖堂のすぐお隣も教会です。
時間差でミサが捧げられています。
こちらもたくさんの人々。
すごいなあと思いました。

翌日曜日はどこの教会も人であふれていました。
旧市街は教会も多い上、ミサの回数もとても多い。
ポーランドにはまだこんなに厚い信仰が残っていたのですね。
感動です。

ポーランドは前の教皇、ヨハネ・パウロ2世の故国です。
ヨハネ・パウロ2世はクラコウ(クラクフ)近郊の町で生まれ、のちにクラコウの大司教をなります。そして枢機卿、教皇へ。
ポーランドの町には、ヨハネ・パウロ2世の写真がいっぱいです。
みやげ物にもあります。
クラコウのレストランにも飾られていました。
クラコウの大司教館には像もありました。
岩塩で出来た像は、クラコウ近郊の塩鉱にあります。
このことにも、感動しました。

あれ?今の教皇ベネディクト16世は????
一応、ちょこっと飾ってありました・・・・・・
[PR]
# by fu-ga_907 | 2006-10-12 06:33 | お出かけ

旅日記のブログです

皆さんにご紹介できていない旅行記がいっぱいあります。
メインサイトには詳しい旅行記を作っているところですが、
なかなかそれも追いつけません。

そこで、旅行記だけのブログを「Yahoo」のほうに作りました。

「Ceciliaのたびにっき」
簡単な旅行記と写真のブログです。

もしよろしければ、そちらもご覧ください。

fu-ga@管理人
[PR]
# by fu-ga_907 | 2006-10-03 01:54 | その他

Sachsenhausen~Arbeit macht Frei~

ベルリンの少し北(北西でしょうか)に「Sachsenhauzen」というところがあります。
ここはかつての「ユダヤ人強制収容所」です。
もともとはユダヤ人収容所ではなかったそうですが、
あの時代、約20万人のユダヤ人がここに収容されたそうです。
中にはその後アウシュヴィッツへ移送されたユダヤ人もいました。
ここは、労働収容所だったそうですが、
それでもたくさんのユダヤ人が残酷な方法で殺されたところです。

e0028897_19404849.jpg


e0028897_19412829.jpg


e0028897_19433212.jpg


e0028897_19455483.jpg


この日、雲ひとつない真っ青な秋空が広がっていました。
ただただ静か。
聞こえるのは木々のざわめきと、小鳥の声。
この静寂が、
ここで行われたことの残酷さを強調しているかのようでした。
[PR]
# by fu-ga_907 | 2006-09-29 19:52 | Berlin!

Schloss Charlottenburg

雲ひとつない秋晴れの空。

今日はベルリンに残るただひとつのプロイセン王国の宮殿

「Schloss Charlottenburg」

に行って来ました。

e0028897_518315.jpg


この宮殿は左右に長くとても写真に納まりません。

内部では絵画、磁器、銀食器、そして王の居室などを見ることが出来ます。

e0028897_5201267.jpg


通りの反対側のお城の庭。
左右対称の美しい庭です。
周りは緑がいっぱいで散歩をしていて、本当に気持ちが良いです。

e0028897_5213473.jpg


白鳥達ものんびりと。

e0028897_5221637.jpg


湖(池?)から見た宮殿です。

e0028897_5231322.jpg


この建物の中にはKPMの磁器がたくさん展示されています。
美しい磁器にうっとり・・・・

この次はガイドツアーに参加したいと思います。
[PR]
# by fu-ga_907 | 2006-09-23 05:24 | Berlin!

今日のベルリン

カテドラルのお昼のミサに行って来ました。
ミサの帰り、Unter den Lindenをゆっくり歩きました。
よく晴れて暑いくらいの日差しでしたが、
吹く風が心地よく、やはり夏というよりは秋を感じさせられました。

街の街路樹もまだ緑ですが、
どこか黄色っぽくなってきたようです。

e0028897_22301828.jpg


中央駅にちょっと寄ってみました。
ベルリンベアーのミニチュア(といっても大きいのですが)いっぱい並んでいました。

e0028897_2231397.jpg

[PR]
# by fu-ga_907 | 2006-09-17 22:32 | 日常

すっかり秋

8月は寒く、9月になって再び暖かくなったドイツ。

1週間のイタリアの旅から帰ると、
すっかり秋でした。

日本はどうでしょうか。
未だ残暑?

昨年の秋は雨もあまり降らず、晴れの日が多くて、
木々の葉っぱが黄色になり、
それが太陽の光を浴びて金色に輝く秋でした。

このような秋を、ドイツの人は

「黄金の秋」

というのだそうです。

本当に綺麗な秋でした。

さて、今年はどうでしょう。
「黄金の秋」をまたみたいなあ。
[PR]
# by fu-ga_907 | 2006-09-16 16:31 | 日常

巡礼の旅~イタリア~

バッハの旅から帰ってすぐ、
私は家族と共にイタリアへ飛びました。
イタリア滞在は2度目。
カトリックに移ってはじめてのイタリアの旅です。

e0028897_1643145.jpg


今回はローマに4泊、アッシジ1泊、ピサ1泊。
子供もいるので、思うように動けませんでしたが、
どの土地も心に残る良いところでした。

写真のサイズが大きいので、
編集しなおしてからUPします。

e0028897_166138.jpg

[PR]
# by fu-ga_907 | 2006-09-16 16:06 | お出かけ

Bachの旅

e0028897_17481987.jpg


先日Bachの街を巡るたびをしてきました。
チューリンゲン地方を中心に回りました。

アイゼナハ、オールドルフ、アルンシュタット、ミュールハウゼン、ライプツィヒなどなど。
Bachがオルガン演奏に招かれたところにもいきました。
小さな小さな村にも行きました。

Bachの足跡をたどって、
日本から来たグループとまわります。
有名な神学者であるT先生率いるグループ。
Bachの話、ルターの話を聞きながら旅をしました。

たくさんの教会に行きました。
たくさんのオルガンを見ました。
いくつかのオルガンの音色も聞きました。
そして、いくつかのオルガンにも触れてきました。

とても素晴らしい体験。

このことはのちほどまとめようと思います。

e0028897_17525746.jpg

[PR]
# by fu-ga_907 | 2006-09-07 17:53 | お出かけ