ドイツ大好き。オルガン大好き。


by fu-ga_907
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:ベルリン ( 14 ) タグの人気記事

ベルリン、最後の日

ベルリンで過ごす最後の一日。

さて、何をしようか・・・・

お昼ごろ、Steglitzという地区に出かけました。
すんでいたところに近く、
買い物によく出かけたところ。
ここに、ガイドブックにも載っているケーキ屋さんがあり、
予約していたバームクーヘンを受け取りに行きました。

お昼だったので、
ベルリンに住んでいる日本人に評判のよかったすしカウンターでお昼。
実はここ、帰国間際に初めてお店。
「ドイツで寿司なんて」とのらない主人は無視して、
まずは一人でランチに。
ランチは安いんです!!!
そうしたら美味しかった!
引越し準備のときに、主人を説得し連れて行ったら
主人は感動しておりました(笑)
そして、最終日。
まもなく美味しいおすしが食べられるというのに、
このお店に。
子供たちに食べさせてあげたかったのです。
この日はすごいサービス。

e0028897_0222599.jpg


頼んでいないものまで付いてきて、大満足でした。

このあとは、私が行ってみたかった橋へ。

e0028897_0225084.jpg


この橋はU1の終点ワルシャワ通りの駅の手前にあります。
西ベルリンと東ベルリンの境の端。
レンガつくりで美しい塔のある端です。


この橋を渡ったところに「壁」がありました。

e0028897_0231991.jpg


このあたり、今は「イーストサイド・ギャラリー」と呼ばれ、
ベルリンの壁が崩壊した後、
壁をキャンバスにさまざまな絵がかかれ、観光客がやってくるようになりました。

ふと見ると、「北駅」に行くトラムがあります。
以前、友人に「北駅のそばにも壁があるんだよ。」といわれていたので、
行ってみることにしました。
トラムは「カール・マルクス大通り」といういかにも「共産主義でした」という大通りを横切ります。
この通りは以前通ったことがあるのですが、
非常に寒々とした印象で、その後どうしても通る気持ちになれませんでした。
そんなことを思いながらトラムにのり、
「北駅」のひとつ手前で下車。

かつて、この通り沿いに壁があったそうです。
家々の窓は固められ、家そのものが「壁」となったところもあったようです。
いま、ここには2重になった壁が残されており、
壁と壁の間の何もない空間(かつては地雷があったのかな?)が、
非常に冷たく寂しい印象でした。

e0028897_0235789.jpg


ここには無料の記念館があり、
いろんな資料を見ることができます。

壁壁壁・・・・帰国の寂しさと一緒に、暗くなりました。

その後は気を取り直し、
ブランデンブルク門へお別れに出かけました。
翌日のカウントダウンの準備が始まっていました。
そしてCD屋さんでCD,DVDを買い込み、
夕食を食べに行きました。
やはり最後は「ドイツ料理」。
どこも一杯で、ようやくニコライ地区のレストランに入ることができました。

すべてが「最後」。
本当につらかった・・・・・
もう明日は、ここにはいない。帰ってこない。
そう思うと、とても寂しかったです。

最後の1日はとても濃い一日でした。

帰国後3ヶ月。
逆ホームシックです。
ベルリンに帰りたい・・・・・今すぐ飛んで行きたい。
次に行けるのはいつでしょうか。
[PR]
by fu-ga_907 | 2007-03-31 00:24 | Berlin!

クリスタルツリー

ベルリン中央駅が出来て初めてのクリスマス。

駅には巨大なクリスマスツリーが飾られています。

e0028897_16323511.jpg


遠くから見るとちょっと地味で、不思議な光を放っています。

近くによって見てびっくり!!!

すべてクリスタルのオーナメントなのです!!!!!!

e0028897_16321019.jpg

(ピンボケですみません・・・)

クリスタルで有名なオーストリアの「スワロフスキー」のオーナメント。

光は電気で光っているのではなく、

まわりの光が、クリスタルに反射したもの。

自然な虹色の光です。

とてもきれい・・・・・・
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-12-10 16:26 | クリスマス

幼子イエス

ず~っと改修工事をしていた「ボーデ博物館」が先月オープンしました。

e0028897_2381029.jpg


入り口にはフリードリッヒ大王の騎馬像があり、とても重厚な建物です。

中に収められている作品は、宗教的なものが多かったです。

そのなかで・・・私は「子供らしい」イエスさまに惹かれました。

聖母子像のイエス様って、どこか大人っぽい表情をしていることが多いように思います。

でも、ここには「あかちゃん」のイエス様がいました。

e0028897_2402822.jpg


このイエス様の表情、すごくいいですね。

マリア様のお顔もとてもいいなあ。

e0028897_2414821.jpg


小鳥と遊んでいるイエス様。

この他、「指をしゃぶっている」イエス様もいましたよ。
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-11-20 02:43 | Berlin!

ベルリンの秋

e0028897_4195584.jpg


街の中は秋色になりました。

e0028897_4203187.jpg


e0028897_421034.jpg


国立図書館も色とりどりに。
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-10-26 04:22 | 季節

Sachsenhausen~Arbeit macht Frei~

ベルリンの少し北(北西でしょうか)に「Sachsenhauzen」というところがあります。
ここはかつての「ユダヤ人強制収容所」です。
もともとはユダヤ人収容所ではなかったそうですが、
あの時代、約20万人のユダヤ人がここに収容されたそうです。
中にはその後アウシュヴィッツへ移送されたユダヤ人もいました。
ここは、労働収容所だったそうですが、
それでもたくさんのユダヤ人が残酷な方法で殺されたところです。

e0028897_19404849.jpg


e0028897_19412829.jpg


e0028897_19433212.jpg


e0028897_19455483.jpg


この日、雲ひとつない真っ青な秋空が広がっていました。
ただただ静か。
聞こえるのは木々のざわめきと、小鳥の声。
この静寂が、
ここで行われたことの残酷さを強調しているかのようでした。
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-09-29 19:52 | Berlin!

Schloss Charlottenburg

雲ひとつない秋晴れの空。

今日はベルリンに残るただひとつのプロイセン王国の宮殿

「Schloss Charlottenburg」

に行って来ました。

e0028897_518315.jpg


この宮殿は左右に長くとても写真に納まりません。

内部では絵画、磁器、銀食器、そして王の居室などを見ることが出来ます。

e0028897_5201267.jpg


通りの反対側のお城の庭。
左右対称の美しい庭です。
周りは緑がいっぱいで散歩をしていて、本当に気持ちが良いです。

e0028897_5213473.jpg


白鳥達ものんびりと。

e0028897_5221637.jpg


湖(池?)から見た宮殿です。

e0028897_5231322.jpg


この建物の中にはKPMの磁器がたくさん展示されています。
美しい磁器にうっとり・・・・

この次はガイドツアーに参加したいと思います。
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-09-23 05:24 | Berlin!

Pfaueninsel

今日は、蒸し暑かった・・・・・・・・

ベルリンの西端に「Wannsee」という大きな湖があります。
そこに浮かぶ小さな島

「Pfaueninsel」(孔雀島)

に行ってきました。

e0028897_6315476.jpg

孔雀島には最寄バス停から渡し舟で「30秒」で到着(笑)

島の中にはお店も無く、
ところどころに「?」な建物があります。

e0028897_633224.jpg


そして、その名の通り、孔雀さんが放し飼いされているのです。
放し飼いの孔雀、今回は4羽ほど遭遇しました。

e0028897_636333.jpg


その中の1羽は、
我が家の怪獣がお菓子を取り出すと

「いそいそ」

と近寄ってきて、私たちの周りをうろうろ・・・・・・
期待しているんでしょうね~
でも、あげません。だってルール違反だもの。
しばらく、私たちの周りをうろついて、
もらえないと悟り

「とぼとぼ」

と去っていきました。
ごめんね~でもだめなのよ~

帰りの船に乗っていると、カルガモ親子が湖を渡っていきました。

e0028897_6381580.jpg


子供の言葉。

「あれ、お母さんだけ?お父さんいないんだね。
あ、お父さん、仕事か~」

と真面目に・・・・・(小学3年です)大うけしました。

帰りに船着場のそばのビアガルテンで食事をしました。
e0028897_6394157.jpg

ビールが美味しい!!!
ヴァイツェンを飲んだのですが、
飲んだあとさわやか~~~でした。
バイエルンの醸造所で、「世界で一番古い醸造所」だそうです。
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-07-24 06:41 | Berlin!

Biergarten

WM、日本負けてしまいましたね。
いろいろあるでしょうが、今は選手の皆さん、お疲れ様でした!

ドイツの夏は短いといわれます。
というか、冬が長すぎ・・・・・・・・・
寒いという季節は11月から5月まで続きますから・・・・
そんな短い夏、Biergartenで過ごす時間がお気に入りです。

e0028897_6553643.jpg


日本語的には「ビアガーデン」。
でも日本のそれとはまたちょっと違う感じがします。
日本のビアガーデンといえば、デパートの屋上だったりというイメージ。
仕事帰りに、会社仲間とガヤガヤガヤ。
騒々しく、ばたばたしたイメージです。
それでも、最近は子連れにも優しいサービスがあったりと、
ママ友達と夜風に吹かれて楽しいひと時を過ごしたりしていました。

ドイツのビアガルテン。
いろんなところを知っているわけではありませんが、
そこにはゆったりとした時間が流れているような感じがします。

ロマンティック街道の小さな街に語学留学(留学とはいえないけれど)した時、
学校の仲間たちと出かけたビアガルテン。
日本人観光客がわんさかいるその観光地で、
そのビアガルテンは入り口もわかりづらく、
あまり観光客が行かないようなところでした。
大きな菩提樹の木があり、その下でビールを飲んでみんなと語り合います。
食べ物を頼むと名前を聞かれ、出来上がると大声で呼ばれます。
たとえば、
「fu----ga------!!!!!」って。
BGMは無く、ただ人々の話す声が聞こえます。

Berlinにもそうい場所がいくつもあるでしょう。
今日も、そんなビアガルテンに行って来ました。
ここには子供の遊具もあり、子供たちも楽しむことが出来ます。
菩提樹やカスターニャの大きな木が茂り、
その緑の葉の下で飲むビール。
今のドイツは日が長く、夜9時でも日が沈んでいません。
そんな夏の夜、
さわやかな心地よい風に吹かれ、
子供たちが遊ぶ姿を眺めながらビールを飲む。
あわただしい毎日の疲れが
吹き抜ける風と共に消えていくのを感じます。
幸せ~
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-06-24 06:56 | 食べ物

がんばれニッポン!!!

e0028897_463653.jpg


いよいよ初戦。

がんばれニッポン!!
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-06-12 04:07

Nacht der Offenen Kirchen

 昨日はというか、昨晩はベルリン市内でキリスト教多教派(というか、超教派といったほうがいいか・・・)教会による「Nacht der Offenen Kirchen」という催し物(?)がありました。これは、夜間教会をオープンにしてそこでコンサートなど色々な催し物をするというもの。コンサートの出入りは演奏中でも自由という気軽なものです。夜間・・・夜中まで開いています。(そういえば大聖堂の今月のコンサート24時から始まるものが・・・夜中ですよ!)

e0028897_559108.jpg


 私はカテドラルのオルガンコンサートに行くことにしました。そういえば、オルガンコンサートに行くのってはじめてかも\(~o~)/いつもミサや礼拝で満足してしまっていたからなあ。
 カテドラルのオルガンは比較的新しいものでボンのKlais社のオルガンです。Domのオルガンと比較すると響きがシャープに思います。この音、好き(*^_^*)

プログラムは

Tournemire :  Improvisation sur le "Te Deum"
Messiaen : Priere du Christ montant vers son Pere aus:L'Ascension
Bach : Komm,Heiliger Geist(Fantasia super)
Grigny : Veni Creator
Dubois : Offertoire
Boely : Offertoire pour le jour de Paques
Durufle : Meditation
Tournemire : Choral-Improvisation sur le"Victimae paschali"

オルガニストは大聖堂(あのSauerがある)のオルガニスト。
フランス物ばかりで(Bachはドイツだけど)プログラムが読めない(笑)あ、ラテン語もあるか・・・で、さっきネットで調べました。納得。

メシアンでメシアンの世界に浸り、キリストの昇天をイメージしていたのですが、その後のバッハで変な気分。バッハはバッハでよかったのですが「何も,そこにバッハを持ってこなくっても・・・」って思っちゃいました。
DuboisとBoelyはきれいでした。 今度楽譜を探そうと思ったくらい。
Durufleはまたその独特な世界に・・・
最後のTournemire で神秘的な雰囲気の中演奏会は終了。う~ん良かった。ただバッハが異質だったなあ・・・

e0028897_5595948.jpg


カテドラルには大聖堂のようにあまり像がないのですが、マリア様のご像がきれいです。昨晩は沢山のロウソクが揺らめいていました。私もお祈りごとがあったのでロウソクをおささげしてきました。

オルガンの音色の余韻に浸りながら、今度は大聖堂へ。大聖堂では何をしているだろう・・・・

大聖堂に近づくと、なんだかうるさい・・・、にぎやかな音楽がスピーカーから聞こえてきます。どうも大聖堂の中の音楽のよう・・・・・とりあえず入ってみると、中はゴスペルでした。
ゴスペル、嫌いではないのですが、オルガンの余韻に浸っていたのでそのときはあまり聞きたくなかった・・というのが本心。でも、せっかく入ったのでちょっと聞いてみようと後ろで立って聞いていました。
大聖堂の中は超満員。う~ん礼拝のときとは大違いです(爆)みんなのりのり。祭壇とのギャップが面白い!コーラスが終って指揮者のソロ。上手でした。アメリカの空気が漂っていました。ドイツにいながらアメリカ気分。あまり乗り気でなかったけれど、聞いてよかったな。でもここまでで辞めておこうと、教会を後にしました。

ベルリンやその周辺で行われていた夜の教会イベント。なかなか良かったです。

そういえば、聖霊降臨の礼拝&ミサはすごい人でした。大聖堂では、聖餐式用に私たちは3曲用意しましたが、時間的に足りなさそうだったので、急遽オルガニスト(彼はカントールですが)が即興で演奏。またカテドラルのミサでは、その日2回目のミサでしたが、なんとご聖体が足りなくなり、半地下にあるご聖櫃からまたご聖体を持ってくることに・・・
リンクさせていただいているnyf1403さんの教会では、会衆が少なかったそうです。Berlinは観光客が多かったのでしょうか????(大聖堂もカテドラルも観光地真っ只中にありますから)
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-06-05 22:59 | 教会♪Orgel