ドイツ大好き。オルガン大好き。


by fu-ga_907
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

雨の季節

e0028897_09564139.jpg
雨の季節。
すっきりしないお天気ですが、たまにすっと心地よい日差しが届くこともあります。
二重のカンパニュラ。
初めて見ました!
きれいですね。

梅雨のないドイツの爽やかな気候が懐かしいです。

[PR]
by fu-ga_907 | 2017-06-18 09:58 | 季節

いよいよ復活祭

昨日は聖金曜日。
イエス様が十字架の上で亡くなられた日です。
この間の日曜日からは「聖週間」という期間で、イエスさまの御受難を思う1週間です。
そして、明日は復活祭です。
むか〜〜しの考えでは、日没後は「翌日」とされていたので、
カトリック教会などでは土曜日の夜、日没後から「復活徹夜祭」という盛大なミサが行われます。
ついついクリスマスばかり目に付きますが、キリスト教では、この復活祭がとても大事なものなのです。
復活祭は、春分の日のあとの満月のすぐあとの日曜日とされているので、毎年日が変わります。
またロシア正教会などの正教会ではユリウス暦を使うので、カトリックなどと日が違うこともあります。(クリスマスも正教会は1月6日だったはず)
今年は、正教会も同じ日にご復活のようです。

復活祭は、春の訪れと重なるので、春のお祭りの感じもしますね。
この時期、ヨーロッパのお菓子屋さんなどでは、卵形やウサギのかたちのチョコレートが
ウインドウを飾っています。
e0028897_11323299.jpg
家々のお庭の木の枝にはタマゴの飾りが飾られます。

復活祭前の一週間はとても主のご受難を思う重い時期ですが、
このようなディスプレイをみると、わくわくしますね。
最近は日本でも某チョコレートやさんでウサギのチョコを見かけ、懐かしく思いました。






[PR]
by fu-ga_907 | 2017-04-15 11:36 | 教会♪Orgel

早い春


e0028897_1954380.jpg

今年の冬は暖かいですね。

きっと桜の花も早く咲くことでしょう。

次男が生まれたときも3月がとても暖かく、

次男が生まれた日は、

桜が満開でした。

女の子だったら「さくら」という名前にしたかったなあ。

ベルリンも今年は暖かいようですね。

年末も暖かく、

クリスマス市ではグリューワインではなく、

ビールを飲む人が目に付きました。

「もう一度だけ、雪景色が見たい」

そう思っていました。

でも、あきらめていました。

すると・・・・・帰国前に雪が降りました。

あっという間に融けてしまいましたが、

最後にもう一度、雪景色を見ることが出来ました。

そのベルリンもクロッカスが咲いたとかなんとか・・・

ベルリンの春も早そうです。

e0028897_196335.jpg

[PR]
by fu-ga_907 | 2007-03-01 19:06 | 季節

Weihnachtenの飾りつけ

先日出かけたとき、クリスマスの飾りつけの途中だったKaDeWe。

この間の日曜日(この日は特別日曜営業)には飾り付けが終っていました。

今年の飾りは、

e0028897_19115376.jpg


近くで見ると、こんな感じです。

e0028897_19124061.jpg


遠くから見るとこんな感じ。

e0028897_19131818.jpg


去年は「赤」がベースでしたが、今年は「緑」なんですね。

ちょっと地味かも・・・・・

おもちゃ売り場のクマさんコーナーに行ったら、

かわいい(?)クマさんたちがいましたよ。

そのクマさんとは・・・・
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-11-06 19:20 | クリスマス

朝の輝き

e0028897_722592.jpg


11月に入り、大分寒くなりました。

金曜日、朝起きると、お向かいの芝が白く輝いていました。

雪???と思いましたが、どうやら霜のようです。

e0028897_7234089.jpg


車もガチガチ。

落ち葉についた霜が朝日を浴びて輝いているのが、とてもきれいでした。

e0028897_725545.jpg

[PR]
by fu-ga_907 | 2006-11-05 07:25 | 季節

死者の日

今日は、カトリックの暦では

「死者の日」

といいます。

なんだか恐ろしい日のようですが、日本で言うお盆です。
カトリックは11月1日に「諸聖人の祝日」を祝い、2日に「死者の日」を迎えます。
キリスト教の暦では11月は教会暦の一番最後の月、1年の終りとなります。
カトリックは2日ですが、プロテスタントは教会暦の一番最後の日曜日(つまり、待降節に入る1週間前)を「死の日曜日」、または「永遠の日曜日」といいます。

どちらの教派でも11月は私たちより先に神様のところに帰った人たちを偲ぶ月なのです。
日本と同じように、みなさん、お墓参りをするようです。
お花屋さんの店先には、お墓に備えるお花が並んでいます。

e0028897_17115511.jpg


死者を思う気持ちは、日本もドイツも変わらないんだなあ・・・と思う季節です。
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-11-02 17:19 | その他

秋、いろいろ・・・・

今、木の葉がとてもきれい。


e0028897_4234928.jpge0028897_424374.jpg


e0028897_425119.jpge0028897_425255.jpg



毎日毎日、変わっていきます。
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-10-26 04:34 | 季節

ベルリンの秋

e0028897_4195584.jpg


街の中は秋色になりました。

e0028897_4203187.jpg


e0028897_421034.jpg


国立図書館も色とりどりに。
[PR]
by fu-ga_907 | 2006-10-26 04:22 | 季節